【織田真子】いいねぇ。 – あなたに愛されたくて。 織田真子

あなたに愛されたくて。 織田真子

弥生の夫の会社の経営がトラブルにより行き詰ってしまった。

そんな折、トラブル相手が取引に応じる条件を出してきた。

しかし、その条件とは卑猥なもので…。

夫の力になりたい一心の弥生は夫の反対を振り切り……。

「あなたに愛されたくて。 織田真子」の本編動画はこちらから

女優名: 織田真子

いいんじゃない。

おっぱいもお尻もでかい女優さんです。

ストーリーや撮影の仕方などについてはよく分かりませんが、いい女優さんです。

痴女ものとか見てみたいな思いました。

最高ー^^

何はともあれ、彼女の顔、体、最高っすね。

男はキモイけど見ないようにすればよい。

あそこはでかいけど。

真子さんの次も、期待 大^^です。

このシリーズ最高傑作

まずは織田眞子のナイスボディーに魅せられた。

豊乳はもちろんくびれたボディー、固く弾力のあるヒップ、しかも、美しい肌。

実にいやらしい体。

演技力もなかなか。

夫を助けるためであったが、田淵のねちっこい攻めと豪棒に次第に体が反応し、性感が沸騰していく。

悲しげではあるが、官能的なところよく出せている。

田淵も本領発揮だ。

脚本も良かった。

夫を助けたいために体を投げ出してゆく。

暴力的でなく、しかも、緊張感を失わない。

カメラワークも良かった。

舐めまわすように、さまざまな角度から、挿入部分を写してくれた。

DMMアカデミー賞だね。

ぬるいカラミ

かなりの美貌と迫力さえ感じるプロポーション。

そしてこの女優をこう撮ったらエロくない訳がない映像が散見される。

見どころはあるが、女優のカラミのリアクションは薄くていまいち。

男優もキモいおっさんという設定で、うまいのかもしれないがキモさが全面に出て見ている方はいまいち作品に入り込めない。

失敗作では無いし抜けると思うが、評価は普通とします。

素晴らしい

なぎら監督の作品は、実際に映像となっている作品だけではなくその背後にある人妻の心理を想像させてくれるところがすばらしい。

この作品で言えば、一見清楚で夫につくす妻ではあるが自分のいやらしい肉体をもてあまし、仕事ばかりに没頭し夜の生活をおろそかにしている夫に対する抑え込まれた欲求不満。

隠された淫乱な願望、それを抑え込んでいる清楚な妻の本当の欲望をじわりじわりと開いていく中年男性。

見るからにいやらしい容姿と清潔感も併せ持つ男を設定する方が女は自然にいやらしさをオープンに出来る。

そのあたりを想像して見ていくと全てが自然であるし織田真子の堕ちていく表情、演技力もすばらしい。

最後のセックスシーンで女としての喜びを解放する姿はAVという領域をこえた芸術性すら感じる。

完成度を高めるなぎら作品にますます期待している。

寝取られゴールデン

このレビューは田淵正浩さんのファンの女性向けのレビューです。

夫役にはレジェンド寝取られ俳優の松本さんがご出演。

不動産交渉がうまくいかず会社が廃業寸前の夫の前で、手淫を交換条件にせまる大地主の田淵さん。

「手淫だけで奥さんの体には触らない」という約束で、愛する夫を助けられるなら、どんな奥様もOKしちゃいますよね。

だが、もちろんそう簡単にはいきません。

手淫中、お約束のしつこい言葉責めと大きな武器で、最初は夫のために嫌々しているのに、次第に欲情してしまう様子が堪りません。

普段、夫は寝取られてばかりですが、この作品ではその様子を夫がみてしまいます!その後の展開はお約束通り。

パッケージの織田さんがキツい感じにみえて鑑賞していなかったのですが、作品内のほうが可愛らしくて、女性から見ても触ってみたくなるようなバストとくびれたウエストが、とてもよかったです。

逆パケ詐欺です!シナリオも絵も、安心してみられます。

とくに最初の着衣手淫シーンの「奥さん、旦那さんとどっちのほうが大きいの?」「どこが感じるの?」など、田淵さんのじわじわした言葉責めがお好きな方には、おすすめです。

「あなた、許して」シリーズとの差別化を図るべき

夫の仕事を助けるために、織田は地主の田淵からの提案をのんで彼に手コキをするが、夫が邪魔をして結局体を許す。

夫の仕事はうまくゆくが、その後も夫に関係をばらすと脅されて、ずるずるとセックスを重ねる。

最初は自ら進んで体を許すが、それ以降はほとんど「あなた、許して」シリーズと一緒である。

2回目と3回目のセックスとで堕ち加減や織田のもだえ方に顕著な差はなく、そういう意味では期待はずれ。

逆にそれを田淵のねちっこい言葉責めが救っている。

珠玉の作品!素晴らしくエロいです!織田真子さん、最高!

夫を守りたい出された条件は…手コキ0:11情欲を漲らせた肉棒震えながら両手で包み扱く強要される淫らな会話夫より大きいです隣室に潜んでいた夫が耐え切れず…怒る男縋る妻一度だけ身を委ねていく…翻弄され喘ぎ啼く妻迸りが顔面を汚す!0:52手コキだけと信じる愚夫再訪し挑む淫獣逆らえない…巧妙な愛撫に屈していく躯いつしか懸命に剛直を咥えていく…秘花を捧げ呻き啼き自ら腰を使う妻中はだめェ!胎内に迸る熱い体液に…逝く!1:22跪き懸命に男根様に仕える妻双房で包み揉み上げ口腔に迎え舐め扱く夥しい精液に額を差し出す妻繰り返される肉の交わり溺れていく…1:30二肢を拡げ総てを捧げる妻剛直に一途な奉仕を捧げ女唇に迎え快楽にのた打ち回る牝獣子宮に迸る獣液に…逝く!連日男を迎え入れる妻抱かれる為に…

織田真子の体が最高にエロイ

織田真子の体がムチムチして巨乳でエロイね!内容的には「あな許」とどう違うのかよくわからない?ほぼ同じストーリーですね。

女優は非常に良いです。

田淵の言葉攻めもよかったね。

しいて言えば織田真子にもっとセリフがあればもっと良かった

AVの巨匠

なぎら監督って、幾つなのだろうと、いつも思う。

40代か50代だとは思うが、今やAV界での巨匠のひとりであることは間違いない。

この作品も、良く出来ている。

田淵が最初に出す条件が良い。

「身体にふれないから手コキしてくれ」そのままでは済まないのは分かっているが、どう展開するか興味をそそる。

はまり役の田淵が、織田の中にある淫蕩な女の性を、じゅっくりと引きずり出す。

完成度は高い。

男のコスと女の肉体美へのこだわり

「あなた、許して」と「夫の目の前で」の中間という感じの作風に大きな変化はなし。

しかし男優のコスと女優の全裸にこだわった点はかなりの高評価。

女が半裸で男が全裸という作品をよく見かけるが、画面に映る人肌がほとんど男という画作りに何の疑問も持たない監督が多いことに驚く。

ホモビデオじゃないんだから男ではなく女の肌をいかにエロく映えさせるかに気を使うべきではないか。

女優以上に男優こそ全部脱がせたらただのオッサンであり、ドラマでは女優のコス以上に男優のコスにこだわるべきである。

この作品はその点、男優田淵に金持ちっぽい服を着せたまま女を全裸に剥いて犯させたため、女優の肉体美が際立って非常によかった。

女脱がす前に自分が裸になる男優は見習うべきだろう。

まあまあ体が絞れて良かったな

なぎら監督から減量命令が下ったと想像する。

「俺の作品に出たかったら5キロ絞って痩せてこい!」その甲斐があってウエストラインも少しあらわれており、演技指導が抜群なので何とか抜ける作品に仕上がっている。

織田真子がとてもいい

前作の長身、スレンダーな西野翔とは対照的な小柄で肉感的な織田真子だが、こちらも人妻のエロさが強く感じられる演技でとても良い。

初回のカラミですでに感じまくっている様子は、夫思いの妻としては、堕ちるのが早過ぎると感じる人もいるだろうが、このくらいエロかったらAVとしてOKだう。

シナリオは、夫の仕事を支えるために体を差し出すことになる、いわゆるパワハラもので、ストーリーとしてはありがちな話だが、その分不自然な破綻がなくてよい。

男優の田淵がネチネチと人妻を嬲り、官能地獄へ堕としていく卑劣な男を怪演していて、寝取られ物作品としての完成度を高めている。

とにかく、これでもか、といういうくらいネチっこいカラミが続く。

エロさ満点の作品。

早くも失速

織田真子さんが色っぽくて良かったです。

お約束の手袋シーンはありませんでしたし、他のシリーズとの境もあやふやに成って来ました。

思うに、最後はペニバン旦那が乱入して侵入者にズブリが、「あなたに…」の言葉がしみるオチでしょうか?

織田さんの最高傑作です!!

織田さん単体作品は全て持っていますが、その中でもこの作品は最高傑作だと思います。

ストーリー、脚本、絡み、エロさ、カメラアングル・・・全てにおいて完璧な作品です。

NTRもののお手本のような作品です。

いいねぇ。

久しぶりにグッと来ましたよ(笑)企画も、出演者も、男優も、みんな良いね。

「あなたに愛されたくて。 織田真子」の本編動画はこちらから