【樹花凜(七咲楓花)】何これ…? – レア・フェティッシュ 七咲楓花

レア・フェティッシュ 七咲楓花

肉屋の冷蔵庫にぶら下がったみたいに腸緊縛され、逆さ吊りされた楓花。

腸の色艶と女体の融合は、神秘的な美しさだ!!このおぞましくグロテスクな世界で興奮する奴は、もはや正常じゃない!!

「レア・フェティッシュ 七咲楓花」の本編動画はこちらから

女優名: 樹花凜(七咲楓花)

いやはや、なんとも …

最初に「触手アクメ」を見たとき、「よくもまあ、こんなもの、考え付いたものだ」と感心した(呆れた)ものだけど、本作にも…。

で、私は見ていて「気持ち悪い」と感じた口です。

「参考価格5,980円」とのことだけど、誰が買うんでしょうね。

パッパと早送りして、チョン。

耳舐め、目舐めが凄い

目舐めとかかなり危険だが、珍しい作品に出会えた危険じゃない鼻や手を舐めてほしかったな

賛否両論あるかと

この作品は、チンポではなく脳みそで感じるもの。

チンポで感じたい人には恐ろしく敷居が高い作品SEX(本番)はないが、フェチ要素は盛り沢山長く監督をやっているのだからどうすれば抜けるAVを撮れるのか、なんて事は十分分かっているはずたまにはこういうものを撮ってもいいじゃないかこれまで散々抜けるものを撮ってきたのだから

全身で感じまくる楓花ちゃん

作品を見る前、ちょっと怖気づきました。

これでもかと残酷を強調するだけの作品だったり、逆にハイセンス過ぎて美術手帖みたいな作品かも知れない…って。

でも、いいほうに裏切られました!大道具・小道具をしっかり作りこんでいるし、何より七咲楓花ちゃんが本気で感じているので楽しめました。

ヌルヌルグチャグチャまみれるなんてグロテスクに見えるけれど、男の人が膣の中で気持ちいいのと同じように、すごく感じるのかも知れない…知りたいなぁ… なんて思ってしまいました。

超マニアック

超マニアックな「レア・フェティッシュ」に七咲楓花が出演。

」まず,子宮内部をイメージしたという現場の雰囲気がグロテスク。

そして,拘束椅子での包帯縛り,解剖台での肉巻き責め,アクリル水槽での臓物レズビアン,腸での緊縛逆さ吊りなど,内臓プレイで性的刺激を受ける楓花。

感じて喘ぐ姿は,演技といえども,さすがにAV女優。

オ○ンコを激しく攻撃するハードな攻めはないけど,精神的にも強さを見せた楓花。

内臓フェチ,「毒蟲」の主宰者,月花とのレズシーンでは,この月花お姉さんも顔出ししてもOKな美形だし,手首に彫った刺青など,全身から超マニアぶりが溢れ出ている女。

もはや記憶にない,あの麻生早苗がSODから出した「レア・フェティッシュ」は,最後のシーンのみが内臓プレイだったようです。

変態とはいえ,気持ち悪さを超えて撮影に挑んだであろう,七咲楓花,凄い女です。

画は最高

観る前の期待ほど、満足は出来なかったなぁ。

フェチのジャンルだという大前提なので、興味が無い人には、いったい何なのかすらわからないですね。

ポイントをかすってる気がするので、次回の意欲作(焼き直しではない)に挑戦して欲しい。

何これ…?

正直なところ、「何これ…?」七咲楓花さんの持ち味ゼロ。

内容も何がしたいのか理解できませんでした。

AVは抜けてなんぼでは…。

「レア・フェティッシュ 七咲楓花」の本編動画はこちらから