【佐藤ちか】盛り上がりのない単調すぎる駄作 – 一日限りの青春逃避行 真っ白肌の美少女が、性欲のままにごっくん/青姦/全力セックスして、全身で快感を求めた夏の日 佐藤ちか

一日限りの青春逃避行 真っ白肌の美少女が、性欲のままにごっくん/青姦/全力セックスして、全身で快感を求めた夏の日 佐藤ちか

成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。

18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

「一日限りの青春逃避行 真っ白肌の美少女が、性欲のままにごっくん/青姦/全力セックスして、全身で快感を求めた夏の日 佐藤ちか」の本編動画はこちらから

女優名: 佐藤ちか

こういうのが観たかった!シリーズ屈指の名作。

先ず結論から言うと、これぞまさに青春時代のシリーズタイトルに相応しい名作。

劇中に描かれる美しい田舎の原風景、(多分、ロケ地は相模湖周辺?)ノスタルジックな世界観等、絡み以外にも見どころは多い。

勿論AVとしての役目もキッチリ果たす!何より主演の佐藤ちかちゃんが可愛い!所謂、美少女系ではないが、可愛らしいというか、愛おしい…この可愛いらしさ愛おしさの片鱗はデビュー作でも垣間見せていたのだが、遂にこの作品で開花した感じ。

相手役の男優も変に出しゃばらず飽くまで引き立て役に徹しているのも良い。

やれ2作目にしては絡みがヌルいとか、激ピスでイカせろ!とか、この際そんな輩は無視して結構!この作品の目指している方向性はそんなことではない!自身も高校生の頃、当時好きだった娘とこんな経験がしたかった…という遠い記憶の片隅に置き忘れた夢の欠片を見事に映像化してくれた。

惜しむらくは発売が時期外れの今になってしまったこと、夏の撮影だったので仕方ないが、BDでの発売が無いこと、この映像美をより画質の良いBDで観たい。

きっと来年の夏も数年後の夏もこの作品を繰り返し観ていることだろう…そう言った意味で当方にとってこれはとても貴重な作品になった。

佐藤ちかちゃんの笑顔と哀愁に・・。

佐藤ちかちゃん、取り立てて可愛いとか、身体が凄いとか、そういう部分だけでは語れない魅力があるんです。

清純で、素直で、如何にも都会では見られないタイプの女子校生です。

だから、夏の制服姿、ごく普通のワンピース姿、浴衣姿・・胸に響きました。

僕は両親とも東京育ちだから、田舎がありません。

だから清々しい田舎の景色、それにマッチした青春、そして、片思いとSEX。

良かったです。

可愛い笑顔と共に、哀愁溢れる顔にも、心を奪われちゃいました。

勿論、平田司さんとのSEXシーンは、まっとうなSEXなので、物足りないと思う方もいるかもしれません。

でも、この作品は、これで正解です。

過激なSEX描写は、この作品には似合いません。

チョッピリ胸がキュンキュンしちゃいました。

最高

可愛い娘、JK、青姦、好みの設定にすべて当てはまっています。

最高。

小説を原作にした実写映画のようなカメラアングルや挿入歌等の演出だから、常に品がある感じがした。

どうしようもない人の欲が生々しくて、演出とあいまって、とても心拍数があがった。

女優さんも男優さんも、淡々と相手を求める感じがすごくよくて、作品の世界観とぴったり。

きれいな作品なので、女性にもおすすめしたい。

盛り上がりのない単調すぎる駄作

デビュー作の可愛さから期待して購入したが、今回は全くの駄作である。

物語は4パートあるが、どれも盛り上がりに欠け抜きどころのない単調なものばかりであった。

相手が高校生という設定を考えれば、技やプレーの激しさを求めるのには所詮無理があったと諦めるしかない。

せめて入浴シーンではピンク色に染まった彼女の白い肌を見てみたかったが、固定カメラかと思うほどの動きのない正面フェラの垂れ流しにはがっかりである。

部屋でのシーンにしてもプレーの激しさから、ピンクに汗ばむ彼女の白い肌を期待したがそれも皆無である。

どうせ夏休みの出来事でストーリー設定するのならば、教師や不良とのからみなど未知の領域へと導かれ開発される少女の姿を見たかったものである。

それともう一つ、デビュー作のラストで見せた彼女の私服姿のかわいさを何とか生かせなかったのか?前作ではTシャツでプレーする場面もあり、あまりにもセーラー服偏重の内容では彼女の魅力を削ぐものとなってしまう。

女優さんがいいだけに今回はつくずく残念であった。

「一日限りの青春逃避行 真っ白肌の美少女が、性欲のままにごっくん/青姦/全力セックスして、全身で快感を求めた夏の日 佐藤ちか」の本編動画はこちらから