名 – 痴●される生徒を自分の体を身代わりにして守る女教師 5

痴●される生徒を自分の体を身代わりにして守る女教師 5

痴●されている女子校生を庇う女教師までも痴●の餌食にしてしまう極悪痴●第5弾はバスや病室を舞台にお届け。

教師とはいえ女、目の前にいる痴●師の恐怖から声も出せずに硬直してしまう。

その震えながら盾になる姿に痴●師の興奮は急上昇し、よりハードになっていく責め。

必死に閉じる足は震えだし、限界を超えたマ○コからは愛液が漏れだす。

「痴●される生徒を自分の体を身代わりにして守る女教師 5」の本編動画はこちらから

dg

やりたい盛り。

同時に自分達がかっこいい。

痴●はまあ、嫌な人だし、それほど起こらないと思う。

起こるとしたら、痴●じゃなくてれいぷ。

まあ、開放的な面と閉鎖的な面があって、集まる時にやる人がいるのは知ってる。

そうじゃなくて、知らなかったのにやる人が至って、驚き、それにつきる。

知らなかったならね。

まあ、それはやってない人は見てもやりたくなる訳だし、それが痴●なんじゃないですか。

見せてどうしますか?

演技力が試される企画

このシリーズで守られなければならないポイントは、痴●の標的が生徒に移らないように、教師は自分の体で痴●の要求を満たし続けなければならないという点と、生徒の前ではあくまで教師としてふるまわなければならないので、ただのエロ女になってもならないという点。

拒んでもダメ、楽しんでもダメという演技のさじ加減が難しいが2組目と4組目の完成度が高め。

特に4組目は素晴らしく、表紙に起用されただけのことはある。

3組目は生徒のこと忘れて女になっちゃってる感じがちょっと残念。

自分の意思で犠牲となり身を捨てる感じがないと設定が生きない。

男優も教師が少しでも拒んだら即生徒を狙うくらいの瞬発力が欲しい。

普通に教師だけに痴●してる部分もあってちょっと気になった。

2人目

2人目の朦朧としている表情は良かった。

1人目は病院内での行為だが、最早普通のソフトレ●プ。

痴●は何処へ?

おっぱいファン必見

シリーズ第5作。

女教師陣は巨乳揃いです。

前作もおっぱいへの攻めに力が入ってましたが、今回はそれ以上の出来です。

全体的に揉みも乳首弄りも充実していますが、好印象なのは乳吸いです。

全ての女優がおっぱいを吸われ(「厳しい女教師」はシャツ越しのみ)カメラは吸われる乳首へのズームを多用し、乳吸いの時間も長く確保されています。

特に1人目と4人目の乳吸いは素晴らしく、1人目は2度に分けて長時間濃厚に吸い、4人目は谷間舐めから入って、指と舌で両乳首を攻めるなど拘りが見受けられました。

生徒役は目にモザイクが入っていたのが残念。

割と乳首に執着した攻め&カメラ使いで、4人目には乳吸いもありました。

他、フェラは全員、クンニは1、2、4人目にありました。

原望美/西園寺れお/あすか光希。

「痴●される生徒を自分の体を身代わりにして守る女教師 5」の本編動画はこちらから