イタカ作品らしい乳攻め – 媚薬痴● 3

媚薬痴● 3

女子校生、女子大生、OLに迫る痴●師の手。

突然の出来事に逃げようとする獲物を捕え、股間に媚薬を塗り込む。

薬が効き始めてくると身体の変化に戸惑いながらも敏感に反応し、頭では嫌がっていても感じてしまい徐々に自ら求めはじめ…。

チ●ポをくわえ、マ●コを責められると大量に吹きだす潮。

そしてマ●コとアナル同時挿入でイキまくりのSEXまで!

「媚薬痴● 3」の本編動画はこちらから

微妙

女優は恐らく1人目が上原亜衣、2人目がつぼみ、3人目が羽月希です。

上原亜衣の朦朧とした演技が色っぽい。

羽月希はもう他の作品でも沢山見たので正直見飽きちゃいました。

相変わらずのオーバーリアクションで、しかも媚薬で朦朧としているはずなのに指を出し入れされても息遣いは特に変わらないなど細かい点で稚拙さが目立ちます。

もうちょっと媚薬という点を生かせればもっと面白くなると思います。

今後のテコ入れに期待。

薬漬けプレイが好きなら

演技にしては妙に迫力がある、本当になんかしらの薬が効いてるんじゃないか?と思わせるようなリアルな反応は、私が薬漬けプレイ大好きなので、まずまず楽しめました。

個人的には「1」の女子校生が、なんとか自力で挿れられたローターを抜くものの、立てなくなってラブホに連れ込まれるシーンが鬼畜っぽくて好きでした。

今回はあまり抵抗しながら快楽に溺れてゆく過程が見れなかったのはちと残念。

『媚薬』って、こんなに効くの?

前作があまり良くなかった分、この作品は結構良かった。

特にJDのチャプターで、痴●師が去った後も一人でオナニー→他の男性も襲ってSEXする所なんて『媚薬って、こんなに効くのもなのか?』と思わせ、かえってリアリティがあって良かった。

また、本屋での痴●シーンは『まさか、こんな所で』という設定が良かったし、女優さんも今時にしては珍しい『清潔な感じのする』女優さんで『エロさ』が無い分、かえって興奮した。

(ちなみに、この女優さんなんて人ですか?)現在『5』まで作られていますが、はくふさんが書かれている通り、レズバージョンも見てみたいです。

もう少し抵抗して欲しいです

媚薬を痴●しながら塗りこんで発情させ、抵抗できない状態にして密室に連れ込みイカせる、といった内容が3編です。

ただ、痴●なのに嫌がるそぶりがほとんどない点が残念です。

媚薬を塗る際には、少しだけ嫌がる仕草はあるのですが、あとは淫乱一直線です。

媚薬で感じてしまう体と理性との戦いが、見どころの一つとなるはずなのですが、そういった表現が無いことが残念です。

密室に連れ込んだ後のイキっぷりが凄いだけに、各編のイントロ部分をおざなりにしている感が否めません。

ただ、どの娘も理性のかけらもない淫乱っぷりが、逆にイキっぱなしのシーンが長過ぎることに繋がり、間延びしてしまっている印象を受けました。

激しいおもらしや、アヘ顔のマニアの方にはストライクだとは思いますが、痴●もののマニアの方には物足りないかもしれません。

厳しいようですが、もう一度、原点に返って作品を作り直して欲しいです。

これのレズバージョンが見たい

今回の内容は媚薬を入れられてから痴●されるまでのスパンが前作と比べて短い。

これをどうとらえるかは人の好みによるかもしれない。

ただ作品としては他の媚薬ものよりは格段に良い。

次回作は視聴者を飽きさせないよう体育系女子をとり扱っているみたいだがレズバージョンもやってほしい。

レズ調教物でノンケの女の子がだんだんレズになっていく作品でいいのが無いものでぜひみたいです

女優がいいので、お勧めです

このシリーズの熱心なファンではありませんが、酩酊状態になった女優さんの演技が良いので大変楽しめました。

色白でムチムチ系の女優さんが好みなら、ぜひ!

新人・上原亜衣が大活躍

ベテランを押しのけて表紙を飾った上原亜衣とにかく若くて綺麗でムチムチそんな10代がキメキメセーラー服がビシャビシャになるほどの大量発汗腰をぐ~んと上げて面白いぐらいに潮吹き家に連れて行かれて、玄関先でガニ股で手マン潮吹きローターを耳に当てられただけでビクビク電マではガクガク痙攣、腰をピーンと高く上げての潮吹きは圧巻喉が渇いたのか、男に「ヨダレちょ~だ~い」ラストはなんと中出しフィニッシュでも失禁で白濁汁が洗い流されたのは笑ったwこの作品で知って大好きになりました惜しむらくは目が瞑ってることが多いつぼみ他作品でも外見上あまり変化しない女優ですが、今作は大量発汗と大量ハメ潮があります個人的に初めて見たので、キメキメ具合がよく分かる2人の男とSEXします羽月希定番の女優さんが3Pニ穴大量発汗潮吹き、言うことありませんフェラ中のぶっ飛んだ目が素敵

媚薬痴●2よりはいいけど・・・

このシリーズで一番いいのは現在では1ですが2はX,これも内容的にはいいんですがこんなこと大衆の目の前では絶対にできないこと、まあ妄想にふける方にはおすすめですが・・・もっと目立たないようにする手段はないんでしょうか?でもそうなると妄想フェチにはつまらないだろうけどその辺の境界線が難しいところですね

今回はアナルという領域まできた

(水芸)を異常に押しているせいで世の男性が勘違いしている。

AVはある意味教科書でもあるので間違えている知識を植えつけないでほしい。

潮吹きで気持ちよいと感じる方はあまりいないみたいである。

潮吹きの最初の頃は気持ちいいみたいだが大量に噴く方は圧をかけて一気に噴出しているみたいで痛いらしい。

それも出ている分飲まないと水分不足にもなる。

水芸で有名だった紅音ほたるさんは撮影日は2~4リットルは飲んでいたそうです。

潮吹き=絶頂の考えを植えつけているのは見た目でわかりやすいからだとは思いますが、本当に膣の中で深くイケる方は今のAV界ではほぼいないかもしれません。

(有名なところで雪見紗弥さんなど)そんな女性と当たれば本当に大当たりみたいです。

好きな方とずっと男性が努力すればある程度のところまでいくみたいですが、AV界も人材が多くなってきてるんだから本当に若いうちから膣内で深くイケる方の発掘をしてほしい。

なんかわざとらしい

媚薬という設定には無理があるのでは。

演技過剰で逆に引いてしまいました。

2が悪かっただけに

少しはよくなった印象もありますが、それは有名ベテラン女優陣のおかげかと・・・。

つぼみちゃんとか羽月希ちゃんとか媚薬とは関係なくてもそこそこ鑑賞できるレベルですしねぇ。

逆に、つぼみちゃんなんか「いつもと一緒ぢゃん」ぐらい媚薬感がない・・・。

羽月ちゃんも見飽きた感のある「寄り目」だし・・・。

そういう点ではまだ新鮮味のある最初の子がそこそこよかったかな。

同じ「オーバー」なリアクションものなら「目隠し、拘束~」シリーズの方がいいかな。

大変良い

このシリーズは初めて観ましたが、最近観た作品の中では大当たりでした。

まず三人の女優さんのレベルが高く、女優さんによって中出しあり、アナルあり、男優を変えて連続プレイありで大満足!出演者の人数も三人に抑えているので一人一人のプレイ内容がじっくり観れるのも◎ 巨乳の女優さんはいないので、全裸にしなくてもストレスなし!スカートは穿かせたままなのも◎(つぼみちゃん以外) 女優のカメラワークを意識した不自然な演技もあまり感じられない良作だと思います。

このシリーズで他の作品も見てみたいです。

出演は、

上原亜衣,つぼみ,羽月希ですね。

もっとハードなのが良かった。

イタカ作品らしい乳攻め

シリーズ第3作。

個人的には満足でした。

女優は名のある3人、Hシーンは各2回ずつ。

1シーン目で媚薬を仕込み、2シーン目が本番という感じです。

媚薬ゆえの違いは声の大きさくらいでしょうか。

3人目の羽月希だけは、目付きがイッてる描写もありました。

普段のナチュが過激なので、媚薬を使ってもそこまで変化を感じません。

おっぱいの攻めは、イタカ作品らしい抜群の出来でした。

胸を触るのは、どの子もホテルやトイレでのHだけですがバスや電車のような喧騒がない分(?)、じっくり攻めていました。

服や下着の上から胸の大きさを確かめるように揉み、脱がせた後は乳首弄りと乳吸い。

乳首をコリコリする時、吸う時には3人ともおっぱいへのズームあり。

また、表情を入れて撮っている時もあります。

他、フェラは全員、ローターもしくはアンマを使った攻めも全員にあります。

クンニは1度もありませんでした。

「媚薬痴● 3」の本編動画はこちらから