【黒木いちか(東条かれん)】シリーズでは凡作 – 夫の目の前で犯●れて- 侵入者10 黒木いちか

夫の目の前で犯●れて- 侵入者10 黒木いちか

亜衣香は連続婦女暴行魔・田沼に夫を人質に取られ犯●れてしまう。

病室で悪夢から解放され眠りにつく亜衣香。

しかし、入院先にまで現れた田沼に再び犯●れ…。

誰にも言えない苦悩の狭間で、若妻の葛藤の日々が始まる。

「夫の目の前で犯●れて- 侵入者10 黒木いちか」の本編動画はこちらから

女優名: 黒木いちか(東条かれん)

シリーズ最高

このシリーズは何本も観ているがもっとも興奮した。

レ●プでしばらくすると感じるものは嫌いなのだが、最後までイヤイヤして犯●れる。

奥様スタイルでの台所のイマラチオは同シリーズは定番だが最後は口内フィニッシュしている。

圧巻は 清楚な奥様服装で紺色のストッキングをお尻部分だけ引き裂きバックから犯●れるシーン。

画面照明がすばらしくピンクのヒップがそそられる。

ストーリーは定番だが 清楚な若奥様が最後まで侵入者に気を入れず嫌がる演技 黒木いちかは あまり期待しなかったが どうして 最高の一本に仕上がっている。

真っ裸でのシーンより清楚な奥様服装でのシーンが多いのがとてもよい。

やっぱし犯●れものは 一緒に感じてはだめで 最後までレ●プスタイルのパターンが好きな人には最高のおかずになります。

普通

各カラミにあんまり変化がなかったかなぁ。

場所以外にもうちょっと変化を感じられる部分が欲しかった感じがします。

途中で「イク」とか「気持ちいい」という言葉が出かかってたのは演技ではなく素なのかな?と思うところがあって、そこはよかったです。

メインはお尻

[女優]今回の役柄なのか、ナチュラルメイク。

そのため、卓球の「サーッ」と叫ぶ選手に顔が似て見える。

胸は小ぶりだが、お尻から太ももにかけての肉付きが素晴らしい。

演技は上手くないが頑張ってると思う。

[内容]いきなり夫の前で犯●れるので、盛り上がりに欠ける。

最後は女性から舌を絡めたり、腕を男の背中に回したりしていたので、堕ちてることを表現していたのかも。

ただ、最後のオチで夫が喜んでいるのがちょっと不自然。

ドラマ重視の作品

完全なストーリー物でいちかちゃん頑張っていましたストーリーに時間がいってるため本番重視の人には不満かも。

私はけっこうストーリーを飛ばしHシーンだけ見ちゃう方ですが今回はなぜかじっくりみてしまった。

ストーリーがいいのかもしれません

未熟妻にじったがレクチャー的な

病院というと、最近のあなた許してシリーズで如月カレン&花岡の記憶が新しいので、新鮮味は全くありません。

しかも展開があなた許してっぽい。

強●魔田沼君は相変わらずシャツが汚いですね。

まあそれはどうでもいいですが、いままで犯したり拉致した女性達はどうなったのか気になります。

今回女優が好みではなかったので評価が低くなりました。

終わりのほうで、深い~と叫ぶのは良かったです。

ボッキーしました

女優がかわいいから★4つ。

この人、義父に犯●れるシリーズに出て欲しいな。

いつもの優しいだけが取り柄の軟弱夫が最後に微妙な表情を演じて見せた。

チンコは硬くなったが、盛り上がりが今一で抜きどころに難。

マンネリから・・・

脱したいのはわかるけど、ここまで展開を変えちゃうと。

夫に不貞がバレる背徳感がメインなのに、これは不貞がバレない。

どっちかと言えばあな許の方が近い。

ALLじったはウザいかも

せっかくの美人女優さんなのに、ずっと同じ男優というのはどうもね。

他の人が出てきたり、いろんな展開にならないと。

ちょっと趣向をかえて

今回侵入者はちょっと趣向を変えて最初に夫の目の前で犯し(といっても闇の中という設定なので画面は暗いが)、その後ストーカーのように入院している病院先まで押しかけて●す。

退院してもそれは続き、最後にいちかは侵入者とのセックスにも感じる体になって妊娠までしてしまう。

いつもは侵入者が家から出て行くところで終わるのだが、今回は家に入っていくところで終わるのも象徴的。

もしや侵入者の子供を妊娠しているのではと思いながら、侵入者に身を任せていかされてしまう黒木いちかの演技に注目。

レ●プシーンにもうちょっと工夫が欲しかった。

黒木いちかさん初めて見ましたがFUCKの演技などふつうだと思います。

いつものこのシリーズはレ●プシーンにちょっと工夫があって良かったのですが、今回は始めに夫が犯人(花岡じった)縛られていて...レ●プシーンに工夫が見当たりません。

いくらフィクションとはいえ夫は何をしているのでしょうか?...前半ソファーで犯●れ~ザーメン中出しで..産婦人科まで(花岡)が犯しに来るのが不自然な感じがしました。

もう少し工夫が欲しかったです。

花岡じったは相変わらずレ●プ魔で悪の強さを出していましたね。

かわいらしさが出ていると思います

嫌がる姿を通しているのが良いです。

気持ちに反して身体が何か違う快楽に落ちそう…という雰囲気を後半感じました。

抗いようがないない悲しさが、かわいらしく見えます(あくまで私の主観ですが…)。

「目の前」という内容のシチュエーションではほとんどないですが、トータルではよくできていると思います。

時間内に絡みシーンの割合が多いのもよいです。

悲哀と執念

じったが出すぎるという意見も目にするが、それだけダメなアホ男優が多いという事SEXを性器の摩擦としてしか捉えていない馬鹿者は、業界から一掃してもらいたい、女の全てを犯しぬくかのような花岡じったの演技は、ある意味世界の名優にも匹敵するこの作品のサブタイトルを付けるとすれば《女の悲哀と男の執念》好きな女に自分の子供を孕ませるという執念を描く秀逸な作品だ!!

犯●れ薄毛のオマ◎コから精液が何度も垂れ落ちます

これまでのシリーズ作には無い、初めに旦那の前で犯し、後は強●されまくり妊娠する大筋「千本通りさん」や「itotomoさん」「masasamさん」の感想とだいたい同じです黒木いちかさんは、美微乳で小さな乳首に乳輪が殆ど見えない清楚な感じがとても良く、スレンダーなわりにお尻はそれなりに大きく、赤肉がとても綺麗でそこから精液が垂れ落ちるシーンは見応えがあります犯●れて、表情は曇りながらもピシャピシャと音を立てるほどに濡れ「いゃいゃぁ~中だけは~ダメダメ…いゃぃ」と言いながらも凌●のお時間が待ち遠しいかのように、甘えるような声で喘がれたら、もっともっと中に出したくなることでしょう~喘ぎ声も凄く可愛く煩く無い彼女は犯●れながら花岡じったさんに男を教えられているようにも見え何故か体がフィットしている感じも受けましたマゾっ気のある彼女の「貞操帯の女」や「奴●色・・・」への出演を希望します

新趣向がたくさん・・・興奮の展開

毎度お馴染み、花岡じったの侵入者ものだが、今回は人妻が夫の前でレ●プされるシーンからスタートする。

その後は、入院するベッド、さらに退院後は自宅で、執拗に犯●れ続ける、しかも夫はそれに気づいていないという新趣向・・・「なるほど、これもありかな!」と思った。

主演の黒木いちかは微乳だが、ごく普通の人妻らしいとろころがいい。

また徐々に堕ちていく姿を演じきっているのが◎。

特に最後の絡みで、じったの子供を身篭ったことを感じながら抱かれ、乱れまくるシーンには興奮する。

ストーリーが・・・

女優はきれいです。

かわいいです。

でもなんか盛り上がりにかける。

ストーリーでしょうかたぶん。

素人以下の構成ですね。

あなた許して・・・

今回は、こっちのタイトルがぴったりでしたね。

ストーリーはなんと、初っ端から夫の前で犯●れてしまうというシリーズには殆ど無い展開で新鮮で面白かったです。

しかも花岡の病院までさらに犯しに行く執拗さやっぱりこのシリーズには無くてはならない男優さんですね。

シャワーシーンもエロかったですし黒木いちか頑張っていましたね。

そろそろ、【旦那リビング、水出しっ放し、キッチンで●す】シーンが観たいです。

シリーズでは凡作

色白でか弱く、清楚な人妻、黒木いちかが侵入者の間の手に掛かります。

この作品はこれまでと趣向を変えています。

「夫の目の前で犯●れ」るシーンがあるのは一番初めだけで、以降は強●魔との悪夢のような日々、というパターンになっています。

夜、ショックで入院してしまったいちかの元に現れる強●魔。

病院のベットで犯●れるのは目新しいのだが、声を潜めるような演出がなかったために、「深夜の病棟でそんな大声出したらばれるだろう」と、おせっかいにも思ってしまった。

ここのリアリティが大きく損なわれてしまったのは残念。

最後には強●魔の子を孕んでしまうところで物語は帰結します。

やっと子を授かったと喜ぶ夫の横で、苦い表情の若妻…。

シナリオは良く、女優の演技もまずまず。

細かい演出にこだわりがあれば、もっと良い作品になったと思う。

このシリーズでは、良くもなく、悪くもなく、といった印象。

「夫の目の前で犯●れて- 侵入者10 黒木いちか」の本編動画はこちらから