【真島みゆき】このジャンルではなかなかの出来 – 首絞め涎が滴り鬱血な風俗嬢

首絞め涎が滴り鬱血な風俗嬢

風俗は怖いです。

特に密室で見知らぬお客様の相手を務めるコンパニオンの方、そのご苦労のほど、お察しいたします。

なかには無理な要求をしてくる客もいるでしょう。

首を触らせろとか、絞めさせろとか。

しかも拒否すると、俺は客だ!とか怒り出して、本気になって絞めてくるし。

本編の女優さんには、それを疑似体験していただきました。

白眼は充血、顔面は鬱血、涎をだらだら垂らしながら、苦悶の形相で逝ってしまったようです。

【※特典映像・特典画像等は収録されておりません】

「首絞め涎が滴り鬱血な風俗嬢」の本編動画はこちらから

女優名: 真島みゆき

このジャンルではなかなかの出来

SMが相手の苦痛の姿を堪能するというジャンルと定義すれば、この「首絞め」というジャンルは、それをさらに推し進めたものといえる。

苦痛の表情がメインだから、SMのような肉体美は堪能できない。

そこが好みの分かれ目だろう。

こうした作品だから、人によっては嫌悪感を催すだろうが、「エログロ」の愛好家は、かなり満足を得られる作品と思う。

白目も唾液もいい感じ。

ちょっと単調なのが残念。

もっと激しく抵抗するなどしたら、さらに良かった。

「風俗嬢」という設定だが、これがあまり感じられなかったのも残念。

なお、最後に女優への感想インタビューがあったが、「残虐なことをしたが、彼女は無事ですよ」というアピールなのだろうか?これは不要だ。

「首絞め涎が滴り鬱血な風俗嬢」の本編動画はこちらから