【有本紗世】手指噛みあり – 縄・女囚拷問 菊門被虐花 有本紗世

縄・女囚拷問 菊門被虐花 有本紗世

いまTOHJIROが最も注目しているM女・有本紗世が遂に「女囚拷問」に出演!だが、「女囚拷問」はヤバ過ぎる!三角木馬・石抱き拷問…など、江戸時代の過酷な拷問に絶叫・号泣・白目昇天!最高峰の拷問をその身に受けながら、快感を感じる被虐のエロスがたまらない!そしてラストは有本紗世の代名詞、アナルを徹底菊門責め!女囚拷問とローズバッドが融合した本作、お見逃しなく!

「縄・女囚拷問 菊門被虐花 有本紗世」の本編動画はこちらから

女優名: 有本紗世

女優を壊してしまった作品

事務所は、女優を育てましょう。

一度、ハード系に出演すると、ハード系のオファーが集中してしまい、女優に「色」がついてしまいます。

幅広い作品に対応できるだけの経験や技能がない女優は、行き場がなくなってしまい、「これをずっとやるしかないのか」「しかし、需要は多くないし」という思いに囚われてしまい、早く引退してしまいます。

しっかりした制作ができて、女優を育てることができて、現場の楽しさを教えることができる監督の作品にこそ、キャリアの浅い女優を出演させるべきです。

「この作品に出られて良かっただろう」とか、「今までの出演作品では感じなかったが、おれの作品は感じるだろう」などと強●的に言わせるような監督は、新人女優向けじゃないです。

時期尚早だった

まあ、監督も有本紗世のようなキャリアの浅い女優を「女囚拷問シリーズ」に出演させるのは異例と言ってるし、それを承知で抜擢したのであろうが矢張り時期尚早だったとしか言いようがない。

とにかく監督や男優から恫喝されると有本は反発も反抗もせず、ただひたすら怯え怖気づいて責めを受け入れてしまっているため「女囚を拷問にかける」というシリーズの趣旨にそった展開にならず、ただひたすら「か弱い少女」をよってたかって虐●しているような展開が続き、後味が悪い事この上なく、TOHJIRO監督が期待していたような彼女の新生面を切り開くような展開にはならなかったように思える。

彼女を引退に導いてしまった作品

紗世ちゃんといえば、とろんとした目でひたすら男に甘えてくるまさにアニメのヒロインのような子だった。

他のレビューにもあるがこんなに早くハードなAVに出るのは早すぎる。

こういう子ならばコスプレ系やNTR系で相当需要があったのに事務所は方向性を間違た。

女優の本質を見出すどころか破壊してしまったこの作品の罪は重いよ。

手指噛みあり

佐川銀次が女優さんに貴重な手指噛みあり。

そこだけ評価する全体的にハードだが好きではないプレイ多し

「縄・女囚拷問 菊門被虐花 有本紗世」の本編動画はこちらから