【みづなれい(みずなれい)】父親の狂気に共感出来る程の魔性 – お兄ちゃんが大好きな妹は義父がイジメル兄を庇うために自ら肉玩具になる みづなれい

お兄ちゃんが大好きな妹は義父がイジメル兄を庇うために自ら肉玩具になる みづなれい

お兄ちゃんが大好きな妹。

兄を苛めて義娘に欲情しカラダを求めてくる義父。

お兄ちゃんを助けるために何でも言うことを聞くからやめてと義父に哀願するとイヤらしくキスを求めてきて肉欲の日々が始まった。

縄で縛られ口をふさがれマ○コをぐちょぐちょに弄られチ○ポを咥えさせられ挿入される。

肉奴●と堕ちていく妹…。

「お兄ちゃんが大好きな妹は義父がイジメル兄を庇うために自ら肉玩具になる みづなれい」の本編動画はこちらから

女優名: みづなれい(みずなれい)

女は怖い

父と兄が実の親子で娘だけ義理という設定。

みんな血がつながってるほうがよかったと思うけど。

兄と妹はお互いに気持ちを伝えない相思相愛。

娘が兄をかばって父のいいなりみたいなことが書いてあるが、単なる口実で、娘にも最初から父に対する奴●願望がある感じ。

嫌なのを我慢していいなりになる感じは全くない。

優しいがひ弱な兄が好きという純愛と、父に犯●れたいというマゾの欲求をなんの葛藤もなく両立させている娘の業みたいなものが作品をインモラルな雰囲気にしている。

愛する兄の前でためらいもなく父の玩具になるシーンは背徳的で退廃的。

レ●プ色は全くといっていいほどないので、嫌がる女が耐えながらいいなりになるような画を期待してる人は要注意。

ついでだが、下からパンツを覗くカメラアングルは、安っぽいのでやめたほうがいいと思った。

愛情と肉欲の狭間で

俳優らの演技がすばらしいの一言に尽きる、特に義父役の日比野と娘役のみづな。

日比野は妻に逃げられ娘に性欲の矛先を向ける義父の狂気を迫力の演技で表現し、カラミでもねちっこさと激しさを併せ持つ責め。

みづなは義兄への愛情と義父からの肉体的快楽がせめぎあう心中を表情や身の動きでしっかり表現、責めに堕ちてしまった後は持ち前のエロさを遺憾なく発揮していて、さすが。

ストーリーはすんなり義兄と結ばれてしまうあたり少し不満だなぁと思っていたが、ラストのオチできちんと満足させてくれた。

シチュエーションに入り込むことで興奮度が倍増する作品なので、ドラマ物好きの自分にとっては満点だが、AVにストーリーを求めない人にとっては凡作かも。

蛇足だが、ほぼ全編衣装がミニスカ(またはショートパンツ)+ニーハイでみづなれいの太ももがエロすぎ。

キスばっかり

みずなれいさんは可愛いが、この顔から想像できないような美しいとは言い難いお尻。

SEXが2回しかなく、しかも1回は兄と。

兄の出方も微妙で義父がバイブで妹と責めてる中座の時間に、自分のせいでやられている妹にバイブをいれたり。

そんなヤツいる?肝心の義父の責めも大半がキスで、数回フェラはあるが、バイブ・ローター責め1回、その流れからのSEX1回と肉玩具になってる感じゼロ。

確かに戸惑う演技はうまいが、Vシネを見ているのではないので、もっとAVとしての部分に力を入れて欲しい。

女優さんの演技力が光る

みづなれいさんの演技が素晴らしいです。

義父に体を求められて戸惑う表情とかすごくリアリティーがあって見入ってしまいました。

その後の本番は平凡な作りですが、そこに至るまでの細かい演技があるおかげでおもしろく感じます。

一方で義父役の男優さんがガンガン画面に出てくるのでそこはちょっと気になりました。

演技はうまいと思いますけど・・・。

映像はすごくきれいですし、全体的には良作です。

Vシネっぽい作り

ストーリー重視の作品でひびやん演じる義父と兄と妹のみづなれい冴えない兄をかっばうれいちゃんが描かれてます初めのエッチは兄のちんぽを咥えさせられフェラ抜き口内発射味を占めた義父が制服姿のれいちゃんを縛り上げ恥辱そしてsexへパケの格好で騎乗位で乱れる姿がいい大量顔射最後はお礼とばかりに兄とのsexこちらも全裸にタイツで乱れるれいちゃんの痴態が見られ大量顔射さすがにひびやんとみづなれいちゃん演技力はさすがですこのメーカー特有のストーリーに乗せたVシネっぽい出来であります男優としては最高峰にいるひびやんのsexは気持ちいいいので女優さんには評判いいれいちゃんも満足ではなかったのだろうか最後のオフショットシーンで微笑むれいちゃんの顔には満足の色が感じられた

父親の狂気に共感出来る程の魔性

素晴らしい目力に魅了されました。

どことなく儚いのだけれど、決してそらさない眼差しは危険ですね。

是非溺れてみたいと思ってしまいました。

「お兄ちゃんが大好きな妹は義父がイジメル兄を庇うために自ら肉玩具になる みづなれい」の本編動画はこちらから