とってもフェミニンなリユースセレクトショップ
 

お知らせ/WEBマスターのコラム(2016-05-18 更新)

ピンクハウス の最新商 品(1〜2年以内)の買取りに力を入れています。
ファッション商品は、時間が経てば経つほど販売チャンスも減り、商品価値や再販価格も落ちていきます。最近の商品で着る機会をなくした方は「いつか着 るかも・・」とタンスに仕舞い込んでも、結局は宝の持ち腐れです。思い切ってそれを現金に換え、別の商品をいま買うほうが賢いユーザーではない でしょうか?ピンクハウスやエムズグレイシーの商品買取りなら、ぜひピンクスにご相談ください。
できれば他店の査定価格にご納得で きない時においでください。きっと それ以上の価格をご提示いたします。
                       《 商品買取りの流れはこちらへ 》



(2016-05-17)
商品発送方法の選択肢を増やしました!定形外郵便での配送をご希望の方はご相談ください。

最近は、お洋服以外の雑貨類を販売することも多くなり「定形外郵便」での配送を希望するお客様が増えました。
当店では、追跡番号付きの「宅急便」「レターパック」「クリックポスト」の3つの方法を原則としていましたが、現在は、ご遠方で送料が高額になるお客様に限り、できるだけ「定形外郵便」のご要望にもお応えすることにしています。
しかし高額なお洋服類を上記の3つの方法で発送できるにもかかわらず、「定形外郵便」で発送することはお断りしています。あくまで、例外的な措置であるとお考えください。
当店で販売している商品はすべて一点物です。代替商品はありません。大切なお品を、数百円の差額のために危険にさらすのは賢明ではありません。どうぞ、ご理解ください。
(2016-05-18)
ヤフオク出品中商品の「お取り置きサービス」を始めました。


これは「欲しい商品だけど、いったん落札すると規定期間内に入金しないとトラブルになるのが心配・・・」「今はお金が無いけど、来月の給料日には支払える けど・・・」そんな方々のために、現在ピンクス店舗で行っている「お取り置きサービス」をヤフオク上でも実施しようという試みです。

当店のヤフオクルールでは「お取引期間を7日間」と定めていますが、お客様のご希望があれば、店舗同様にお客様のご都合の良い日まで、その商品を出品リストから除外し店舗でキープするサービスです。
ただし対象商品は「即決価格(定額商品)」のみです。オークション形式で出品している商品で、入札者が1名でもいる場合はできません。

【ご注意】匿 名やヤフオクIDだけでのお取り置きはいたしません。必ずピンクス店舗まで「お名前」「ご連絡先」「お支払い予定日」を、お電話やメールでお知らせください。落札ボタンを押されて落札された場合には、当店のヤフオクルールに従い「1週間以内」のご決済をお願いいたします。落札後にお支払い日を延ばすことや、後日のキャンセルはお断りいたします。
(2015-05-04)《コラム》
「商品発送時の梱包について考える」

先日、店舗で使用しているデジタルカメラのリコールのために、メーカー(Canon)が差し向けたヤマト運輸の宅急便で商品を送り出した。指定した時刻に 宅急便のスタッフが現れ、梱包材を差し出した。これにカメラを入れてくれ、とのこと。カメラ自体は握りこぶしほどの小さなサイズなのだが、パソコンほどの サイズに厚みが20cmくらいの段ボール箱と、その中にカメラを固定する資材を持ってきた。意外なほどの大きさに違和感も感じたが、そのカメラを固定する 資材がよく考えられているのだ。
厚みのある段ボールの板に、透明でゴムのように伸びるフィルムが張られている。その段ボール板とフィルムの間に、カメラを挟み込むのだ。フィルムを伸ばし てカメラを挿入すると、ピタッと張り付くようにカメラが固定される。まったく動かなくなる。次に、その段ボール板の両端を折り曲げて箱の中に差し込むと、 そのカメラが載った板が、ぴったりと箱に固定されるのだ。素晴らしい!プチプチで巻き付けたり、新聞紙を丸めて商品が動かなくするような原始的な方法はい らない。まったく、小さなカメラがその箱の真ん中の空間に、ふわりと宙に浮いて収まっている感じだ。これには関心した。スゴイ!これが最先端の配送資材の アイデアなのだろう。シンプルだがハイテクだ。なんとも、目からウロコの梱包技術。おそらく実用新案の商品なのかも知れない。(右枠に続く・・・)▶︎▶︎▶︎
▶︎▶︎▶︎と、言うことで・・・今度は当店の商品梱包方法をご紹介します。
当店の商品は、衣料品と雑貨、バッグ、靴など。雑貨類は汚れないように保護紙やビニール袋で包装した後に段ボール箱に入れます。そして運送時に商品が動き 回らないようにプチプチや新聞紙を丸めて空間を埋めている、まったくローテクな方法です。しかし問題は、大多数を占める衣料品です。
梱包資材は、宅急便の場合、ヤマト運輸製の専用紙袋か、まとめ売りの場合は適当なサイズの段ボール箱。郵便局の場合は、レターパックの専用厚紙封筒(A4 サイズ)、そしてクリックポスト用にA4サイズ・厚さ3cmのオリジナル段ボール箱を使用しています。この中に、透明ビニール袋で包んだ洋服を封入しま す。基本、小さくすればするほど送料コストは下がるので、できるだけ小さくまとめています。ポイントは、荷物(洋服)の厚みを薄くすること。当店の宅急便 契約はサイズ制限がないので、洋服もゆったりと空気とともに柔らかく畳み、なるべくシワが付かないように配慮しています。しかし厚み制限が厳しい郵便局利 用の梱包材(レターパックとクリックポスト)が問題です。きっちりと空気を抜き、薄く薄く畳み込むことになります。
と、ここまではどこも同じと思いますが、当店ではこの場合の服の畳み方に工夫をしています。衿やフリルやリボン、ボタン、ベルトなど飾りが多く繊細なデザ インの服は、運送時にそれらにダメージがかからないよう、その部分を内側に包み込むようにしています。つまり折り畳んだ時には外側がスッキリと平たい状態 になっている。そしてその洋服の塊を洋服専用のしっとりとしたビニール袋に入れて空気を抜きます。素材によっては、開封時に多少シワがあるかもしれません が、洋服を守る最適な梱包方法だとご理解いただきたいと思います。
(2015-04-12)
ホームページ『今週のピックアップ』と『商品カタログ』などのサムネール写真
をサイズ変更しました。

昨年末に変更したサムネール写真の 幅 140pxを、また若干大きくして、幅150pxに変更しました。もちろんサムネール写真をクリックすれば、幅1,000pxの大きな写真になります。こ の点に変更はありません。商品の細部までご確認いただけると思いま す。
(2015-04-24)
荷物が届くのが遅い、と感じた場合は
宅急便荷物お問い合わせ

ピ ン クスの商品発送方法は、ヤマト運輸の「宅急便」と郵便局の「レターパック(プラス・ライト)」「クリックポスト」の3つのみ。そのすべてに「お問合せ伝票 番号(追跡番号)」が付いています。(商品出荷時に必ずお知らせしています)日本全国(離島など一部の配達地域を除き)おおむね差出日の翌日から翌々日に は届くはずですので、もし遅いとお感じになった場合は左記のサイトでご確認ください。「宅急便」と 「レターパック・プラス」(この2つは「対面配達」)をご利用の場合で、商品がお宅に届いていない時は、多くの場合「配達時にご不在だっ た」というケースが多く、商品が営業所や郵便局に戻され保管されています。「レターパック・ライ ト」と「クリックポスト」は「郵便箱への投函」です。ご不在の時が多い方にはこちらをおすすめします。
(2016-02 -20)
送料についての考え方を変更しました。


2016 年2月まで、全国一律料金(レターパックとクリックポスト)で送れる商品は、落札者の利便性を考え、送料が商品代金に含まれる価格表示(送料無料としての 定額設定)をしておりましたが、ヤフオクの「落札システム利用料」値上げに伴い、商品価格と送料を分離して表示することにしました。
これはヤフオクの「落札システム利用料」の課金対象が、商品本体部分だけではなく送料を含む場合でも、同様に「8.64%」が課せられるためです。これでは送 料部分にも高額な利用料がかかり不利となるため、やむなく送料は商品代金(即決価格)から切り離すことにしたものです。
何卒ご理解をよろしくお願いいたします。

ヤフオクブースには、まだたくさんの「送料無料商品」が出品中ですが、順次改定をしていきます。
(2015-03-10)《コラム》
「送料無料という、おトク感を醸 し出す言葉のマジック」

大手通販のCMを見ていると「送料 無料」や「送料は当社負担」などという言葉が大はやりだ。でもそれって、ほんとうだろうか?たとえどんな小さな物でも、店舗から日本全国へ、タダで物が飛 んでいってくれる訳ではない。集荷、運送、配達には人手がかかるし、移動ではトラックのガソリン代や車両費もかかる。その他もろもろの諸費用もかかろう。 結局コストがかかることに違いはない。すでにあるコストを消すことはできないのだ。言葉として消しているだけの話であって、送料がタダになる訳ではない。 それらコストは「商品価格に含まれている」と言ったほうが正しい。コストは、結局はお客様が支払う価格の中に納められているはずであって、“送料無料”と いう商品があるのなら、その販売価格からそれら配達にかかるコストを差し引いた金額が、本当の商品本体価格なのだ。消費者としては、すこしトクした印象を 受けるだけの言葉のマジックだと思う。ヤフオクでは送料を「出品者負担」とする場合「送料無料」というアイコンが商品タイトルに自動的に付いてくる。ピン クスもこれからは「送料無料」という言葉のマジックのお世話になっていくものと思う。なんだか複雑なキモチだ。
(2015-03-05)《コラム》
「オークションにおける“1円ス タート” について考える」

情けないことに、開始価格「一円スタート」がフツーになってしまった。私も参加したことはあるが、絶対にその商品の価値以下で買えたためしがない。入札に 参加するほうも、ヴィトンやロレックスが、数円や数十円で買えるかも知れないと思って参加する素直なおヒトはいないだろう。出品者は「この商品の価格はあ なたが決めてください!」と、言っているのだろうが・・・しかしこの仕掛けには大前提がある。その商品価値までは、大勢の人々が群がって、よってたかって 価格を釣り上げるのだから、自然とそれ相応の価格に落ち着く、という安心感からこのような“暴挙”にでるのだ。でも参加者が少なかったらどうか?はたして そのような値段で本当に売ることができるのだろうか?サクラでも用意して、セーフティーネットを作っているのだろうか?結局はギャンブルではないか。一円 スタート商品を「客寄せパンダ」として利用しているだけで、本音はその商品価値以下で売るつもりもなかろう。なぜなら商売としてゼッタイに成り立たない。 賢いユーザーは、安くは買いたいが、非常識な価格で買うことには後ろめたさも感じるものだ。安くは買いたいが、乞食のような購買行動は、やはりプライドが 許さない。結局は出品者に「安く買いたい」という消費者心理を弄ばれているようでイヤ〜な気になってくる。そんなこんなを考えていると、一円スタートの出 品があるブースには立ち寄りたくなくなってしまう。昔々のことだが、ロンドンに旅行したとき、あるガイドがこんな話をしてくれた。お城に住んでいるような 上流階級の奥様たちも下町の有名なショップにはよく買い物に来る。しかし、その店がバーゲンをする時期には絶対に店には近寄らない、との話だった。これこ そ、カッコイイ“お客様”ではないか!私もそうしたい!!少なくとも、その精神に敬意を表したい!!ただし、彼女たちのように大金持ちであれば・・・の話 だが。
(2015-03-06)
当サイト訪問者数の地域別ベスト15 は、こんな地域。

当サイトは、GoogleのWEB サイト分析サービスを利用しています。このリストは、3月6日現在のその分析結果の一部。訪問者数の多い順から地域をご紹介すると、やはり圧倒的に多いの が、東京です。後に続くのが、福岡、名古屋、京都、大阪、仙台、姫路、横浜、浦安、神戸、札幌・・・です。実はこれ、当店のヤフオク等の通販客分布とほと んど一致します。
ある通販セミナーで勉強したところ、日本における通販ビジネスの特徴は「東京を中心とする首都圏の客が地方の物を買う」という消費行動が、少なくとも 50%以上だとか。やはり、いまの日本で景気がいいのは東京だけなのかも。こんなところにも現代の経済事情を感じます。

1.Minato

2.Fukuoka
3.Nagoya
4.Chiyoda
5.Shinjuku
6.Kyoto
7.Osaka
8.Sendai
9.Himeji
10.Yokohama
11.Urayasu
12.Kobe
13.Sapporo
14.Shibuya
15.Sagamihara

(2015-02-25)
ピンクス商品価格の算定公式とは?
『新品価格 × 商品コンディション + 商品価値(デザイン・人気度・希少性など)=リユース価格』

たとえば新品時の販売価格3万円の商品が、50%程度のコンディションであれば1.5万円以内。それに人気度や希少性が付加されれば、多少上乗せをして 1.6万 円。しかし発売年度が古くなると1万円以内とするかもしれません。もちろん仕入価格も関係します。まぁそのような感じで考えています。
今期物で状態もよく着用回数が少なければ、商品コンディションは70〜80%で算定できるでしょうし、逆に、最高に良い商品コンディションで あっても、発売年度が古ければ10〜30%を適用するかもしれません。こんな考え方を基本に、最終的には、自らが長年ピンクハウスやインゲボルグ・ カネコイサオの大ファンで、今もそれらを毎日着続けている店長の勘どころで決着します。
ただし季節柄、早く売り切りたいものやセール期間中の場合、またまとめ買いをされる場合は、思い切ってプライスダウンをしています。正直なところ、ヤフオ ク出品時には他店価格はまったく参考にしていませんし価格検索もしておりません。そもそも個人の所有物を売る店や、買取り商品を1円スタートで競売する店 の価格は比較基準にできません。当店としてはその商品の「ファッション価値」を大切にして独自の価格設定をしていま す。
基本的に、本当に良い商品をたたき売りすることだけはやめたい、というのが当店のポリシーです。それを理解してくださるピンクハウスファンの皆さま、 ファッ ションを愛する皆さまに、当店のご利用を願っています。

(2015-02-26)《コラム》
「最近の各ブランドメーカーの品質につ い て思うこと」

だいぶ昔のことになりますが、ある服飾関係者のご紹介で金子先生の服を作っている縫製工場を見学する機会がありました。宮崎県の片田舎だったと思います。 工場 の方は、ピンタックやピコフリルをみても、金子先生の指示は細かく、1ミリ単位でそのデザインを再現しなければならず、とてもじゃないが工賃の安い中国や 東南アジアでは作れないだろう、というお話を聞きました。当時、だからこそカネコ系の服は価格が高いのだろうと納得したものです。
しかし、最近のピンクハウスやインゲボルグ、エムズグレイシーなどの人気ブランドの縫製技術は、お世辞にもよいとは感じません。けっこう粗い縫い方が多い ようです。素材も耐久性を疑うような選定がされていることもあります。昨今流行りのファストファッションのような、使い捨て感覚になったのかもしれませ ん。いくら可愛いデザインであっても、末長く着てもらいたい、母から子にも渡せるような服、とは言い難い感じが、なんとも悲しいものです。
その点、リユース品をご購入いただく際には、その服の製作年度も気にされるとよいのかもしれません。昔のカネコイサオやワンダフルワールドの商品は、大切 に保管されているものであれば、最新の服より作りが上等で、長持ちがしそうです。
(2015-02-10)
ピンクスの値付け方法は2つあり ます。

当店では買取り商品 の販売と委託販売の2つのシステムを併用しているため、値付けや価格ディスカウントの際の自由度が違います。それは委託者の指定価格を尊重するため、 どうしても安くできない商品もあります。またネット販売はNGで、店頭販売のみというご指定もあります。しかし当店買取り商品は、価格を自由に決められる ため、お客様のご希望やまとめ買いの時には大幅に値引きすることも可能です。
以上の仕入理由や、各商品のコンディションもすべて違いますので、1点1点複雑な価格設定となっています。たとえば全く同じデザインの商品であっても価格 は違ってきます。その点をご理解の上であらかじめご了承願います。
(2015-02-13)
『今週のピックアップ』更新情報をいち 早く得る方法とは。

ピンクス のTwitterをフォローしてください。最新の写真は『今週のピックアップ (メインカットのみ)』『Yahoo! BOX(すべてのカット)』『Facebook(すべてのカット)』の3箇所にほぼ同 時にアップされます が、『Facebook』への投稿と同時に、Twitterでもツィートされる仕組みになっています。更新のた びに最新情報が届きま す。
(2015-01-31)
ピンクスは皆さまの「リユース広場」で す。どうぞ「買う」だけではなく「売る」ことにもご利用ください。

買ってばかりでは、クローゼットは満杯です。着なくなったお洋服は売却 することもお考えください。かならず、あなたのお洋服を必要とする方がいらっしゃいます。そのお洋服を必要とする方としない方がリンクして、リサイクルの 輪を回していきましょう。そんな賢いカスタマーになって、もっともっとたくさんのファッションを楽しんでください。
そのためには、ぜひ会員登録をおすすめします。買うときと売る時のすべてに、さまざまなサービスをい たします。お気軽にご要望をお伝えください。

※会員様の「まとめ買い」や「まとめ売り」には、送料サービスや価格割引など、できるだけ「お得なサービス」を心がけています。
(2015-01-31)
どんな商品が売れ筋なの?いろいろと お問合せをいただきました。

一概には言えませんが、実店舗だけ の時代はお手頃な価格帯の商品が良く売れましたが、ネット通販を開始して全国のお客様に対して販売するようになってからはいくつかの傾向が見えてきまし た。それは下記のような点です。

・発売時期が最近の商品
・高額で希少性のある商品
・発売時期に関係なく、発売当時人気の高かった商品
・メーカーカタログに掲載されている商品
・とにかく可愛いデザインや柄の商品
・和柄(カネコ先生デザインの和風柄すべて)
・人気柄(スイーツ、花・ブーケ、うさぎ、キューピー、熊など)
・ピンタックやピコフリルが多用されている商品

※デザイン的に特徴がない商品・ピンクハウスらしい可愛さが ない商品はあまり売れません。最近は、ジャンスカやデニム系もあまり需要がありません。そのような商品はリユースに回すよりもご自分で着潰したほうがお得 だと思います。

どうぞ、買取や委託をご利用される場合は、以上のような点をご参考にされてください。
(2015-01-19)
ヤフオク!への入札者基準を設けまし た。
不良IDからの入札をお断りしています。


ヤフオク!の取引トラブルを回避するため新ルールを追加しました。それ は落札時の「良い 評価の割合」が、90.0%未満の 方からの入札をお断りすることにしたものです。これは商品説明欄の注意書きの中にも必ず明記するようにしています。
どうしても日本全国から多くの方が参加するオークションともなると、中 には非常識な方も多く混ざっているようでトラブルも増えてきます。落札するだけで全く連絡がとれない方や、入金をしてこない方、取引ナビで嘘ばかりをつか れる方もいます。落札されるということは、オークションが終了するだけではなく、落札金額に対する5.4%の「落札システム利用料」も出品者側にかかり大 変迷惑な行為となります。
多くの出品者が、自己防衛として新規IDからの入札をお断りしている理由も分かります。ブラックリストに入ってしまったIDを廃止して新規に取り直す者も 多いので、そうされているのでしょう。
しかし、当店では新規IDは拒否しませんが、経験上、「落札時の良い評価の割合が90%未満の方」は、ほとんど連絡が取りずらかったり、電話連絡を拒否さ れたり、落札後のキャンセルが多い方ばかりですので、このようにさせていただきました。
しかし該当者でも、何かしらの原因で評価の点数が低い方もいらっしゃいます。正直なお取り引きをご希望の方は、できるだけお応えしていこうと考えています ので、そのような方は、必ず店舗までお電話でお申し込みくださいますようお願いいたします。
(2014-12-22)
2015年のピン クスは“リアル+ネットの複合店舗”として『お客様にとって、もっとも都合の良いリユースショップ』になりたいと考えています。

2014年7月からスタートしたインターネット通販は、おかげさまで好 調に推移しています。福岡地区のお客様だけではなく、全国にリピーターとしてのお得意様も増えました。
ファッショの世界は、季節はもちろん、地域によっても、いろいろとお客様のデザイン志向や価格帯が違います。つまり、そのエリアに根付いた営業が中心とな るリアル店舗にはない、販売力も高まっています。
今まで、せっかく委託していただいた商品も、長く店舗に置いたままの状態から、インターネット販売をすることで、販売期間がずっと短くなってきたようで す。またネット購入をされるお客様にとっても、リアル店舗があることで、安心感と利便性が高まります。
今年は、そんな数々のメリットをどうお客様に還元できるお店になれるか、さまざまな実験をしていきたいと考えています。
これからのピンクスにご期待ください。そしてお客様からも、さまざまなご意見やリクエストをお願いいたします。
(2014-12-21)メール会員様向け企 画

12月21日、年末の御礼にかえまして、
メール会員様に下記のクーポン画像を配信し ました。
2015年1月7日「初売り」以降のお買い物にご利用ください。
詳しくはこちらへ

(2014-12-08)
ホームページ『今週のピックアップ』と『商品カタログ(写真倉庫)』のサムネール写真
をサイズ変更しました。

今までサムネール写真を幅 120pxで掲載していましたが、若干大きくして、幅140pxに変更しました。
小さな変更ですが、ぐっと商品写真が見やすくなったと思います。
もちろんサムネール写真をクリックすれば、幅1,000pxの大きな写真になります。この点に変更ありません。商品の細部までご確認いただけると思いま す。
(2014-11-16)
ピンクスのオークションは「ダッチ・オークション(オランダ式競売)」方式です。


ピンクスのほとんどのヤフオク!出 品方法は、格安価格からスタートして競りあわせ、最高値で落札させる一般的なオークションスタイルではありません。もちろん、その方式で出品する場合もあ りますが、ほとんどの商品は「即決価格で出品 → 落差者がいなければ → 更に値下げして再出品」の流れです。いわゆるダッチオークションのように、価格が下がっていく方式を採用していま す。

かといって、即決価格が最高価格ではありません(2014-10-28の記事参照)。できるだけ商品価値に応じた適正でお得なリユース価格を提示していま す。その価格で最初に落札された方がその商品をご購入いただけます。

つまり即決価格はその場で落札者が決まりますので、出品リストからなくなった商品は「売れてしまった」ということです。一定期間内に落札者がなく、一旦出 品リストから外れた物は、すくなくとも数時間以内に、価格を下げて再出品されています。もちろん、当店が底値と判断した商品は、価格変更をせずに再出品さ れます。

欲しい商品がありましたら、なるべくお早めにご落札されることをおすすめします。

(2014-10-28)
ヤフオク!落札品発送前のクリーニング代行サービスを始めました。


お客様の中には、リユース品を買っ てすぐに、そのまま着用することに抵抗がある方がいらっしゃいます。必ず一度クリーニングしてから身に付けたい、という方のために、クリーニング後に落札 品を発送するサービスを始めました。

到着後にすぐに着用 したい方や、お住まいの近くにクリーニング店がなくてご不便な方などは、落札後に「取引ナビ」などで「クリーニング代行希望」とお知らせください。

当店の近くに、技術 が自慢の個性的なクリーニング店が何店舗かあります。商品アイテムや素材によって価格が違いますので、その都度お見積り金額をお知らせします。お気軽にお 問合せください。

※料 金は実費のみです。料金交渉や割引には応じられません。
※クリーニングの出来映えについての保証はいたしかねます。
※当店で洗濯はいたしません。
(2014-10-28)
ヤフオク!出品時における“即決価格”のコンセプトとは。


ヤフオク!出品価格の決め方には3 つの方法があります。「オークション形式で出品」「定額で出品」「定額で出品(値下げ交渉あり)」です。いわゆる“即決価格”とは「定額出品」のことです が、当店は「Aランク品を即決価格で!」が基本コンセプト。 ほとんどの商品を定額で出品しています。
しかし「即決価格=高値」という考え方ではありません。店舗販売価格と同様に、商品価値に見合ったギリギリのお買い得プライス、いわば「納得価格」を定額 (即決価格)として値 付けをしています。その商品を欲しい方が、他の方と競り合って高値で買ってしまう状態よりも、一番先に見つけられた方が、その場でご購入していただきたい からです。当店としても、商品が早く回転することにメリットを感じます。
もちろん、ヤフオク!ならではの“オークションの楽しさ”も演出します。それは、希少品やコレクターズアイテム、または些細なダメージでBランクにせざる おえないような“惜しい商品”です。これらの商品たちをバラエティー豊かに出品していきます。
現在、出品数は203点になりました。一度、こちらにもお立ち寄りください。

出品中の商品はこちら
(2014-10-20)
店休日の考え方が変わりました!

開店以来、「年中無休」(年末年始、お盆、臨時休)と明記して営業をしてきまし たが、2、3カ月ほど前から「不定休」と記載を変更しております。
それは、決まった曜日に「定休日」は設けませんが、毎月「3〜4日間程度」は店舗をお休みさせていただく、というシステムへの変更です。

これは、インターネット通販(ご注文受付や取引ナビの対応は、365日・年中無休です)に取り組むためのバランスを考えた措置とご理解ください。
インターネット通販は「年中無休」、リアル店舗は「毎月3〜 4日間の不定 休」となります。

もちろん従来通り、事前にご予約いただければ、その日を営業日としますが、別の 日にお休みをいただくことになります。

ど うぞ、毎月の店休日は、ホームページ設置の 店舗営業カレンダーでご確認ください!
(2014-10-02)
ピンクスの Facebook や Twitter にもご 注目ください!

最 近、開設してはみたものの一向に投稿や更新をしていなかったFacebookやTwitterにも、関心を持つようになりました。
それはそれなりに、ホームページをフォローしてくれる機能がある訳で、今までどうして使わなかったのだろう?と、思っているくらいです。
ピンクスサイトの重要なコンテンツは、ほとんど商品写真につきる、と考えていますので、それをお客様に有効にお伝えする方法として、Facebookはそ の写真収納力、Twitterはその更新情報の速報性を活用していきます。
たとえば、ホームページ(今週のピックアップ等)でご紹介できなかった商品写真の未掲載カット集をFacebookに、それの更新告知をTwitterで おこなっていきます。
どうぞ、こちらのほうにも「いいね!」や「フォロー」でご参加ください。さまざまなリクエストもお待ちしています!


   
(2014-10-01)
営業日カレンダーを設置しました!


開 店時から現在まで、定休日なしの「不定休」、ということで店舗営業をしてまいりましたが、「臨時休」が多く、
「せっかく遠くから来たのに閉まっていた・・・」と、お叱りをうけることも度々です。
誠に、申し訳ありません。

それで、なるべく早い段階で「店休日」が分かっているものについては、このサイトのトップページに新設した「営業日カレンダー」で告知することにしまし た。

これからは、ご来店前に、このカレンダーで開店状況をチェックしてください!よろしくお願いいたします。

http://pinks.jp/shop/index.html#calendar
(2014-07-20)
ワンピースをお売りください!一番の売れ筋商品です。


た だいま当店では、ワンピース販売が好調で店内在庫が品薄です。
とくに、PINK HOUSE、WONDERFUL WORLD、KANEKO ISAOのものが欲しい状況です。
ご不要な品がありましたら、是非お売りください。いろいろとご便宜を図りますので、まずはお問い合せください。

お申 し込みはこちら
(2014-02-27)
2014年、創業17年目からのピンクスはこうなります。


もう20年近くも前になるでしょうか。インターネットの 草創期、「クリック&モルタル」 という言葉が流行りました。ネットビジネスに信用がない時代・・・既存の小売店は「現実店舗とネット」の組み合わせで、新興勢力のネット専業企 業に対抗しようとしたものです。
しかしそれがどうでしょう。今やネット専業企業がマーケットを席巻し、その勢いが一段落したところに、またもや、次のフェーズ として「第2次ネット&モルタル」のコンセプトがもてはやされ るようになりました。
ピンクスは、ずっと対面販売にこだわったリアル店舗中心の営業をしてきましたが、これからはその一巡して戻ってきたコンセプトで、新し いサービスに取り組んで参ります。
生活者の多くがスマートフォンを手にしたことで、24時間ネットとともに生活が回り始めたからです。お客様も北海道から沖縄まで全国い たるところにいらっしゃいます。私たちも、その空気や水のようになったネットインフラを活用して、もっともっとリユースの世界を広げていきたいと考えて います。これからは店舗とともに、ネットショップもよろしくお願いいたします。